カテゴリ:猫写真( 262 )


2004年 11月 28日

路地裏の有名猫

最近、路地裏探検と路上観察の区別が付かなくなってきましたが、
もともとは、この猫が路地裏探検の楽しさを教えてくれました。
ある日、ビルの谷間のひっそりした路地裏に迷い込むと、そこに佇む一匹の黒猫。
その姿に私はとても感動いたしました。
持っていたholgaのシャッターを何枚も切りました。
でも、暗かったせいか1枚も写っていませんでした。
それ以来、何度もここを訪れています。
そして、あちこち路地裏探検を始めました。
最近、柄が悪くなったという話もありますが、昨日は少し寂しそうでした。
名前はクロちゃんだそうです。

camera:Contax Tvs Digital
b0061066_21142862.jpg


by pxw00641 | 2004-11-28 21:20 | 猫写真
2004年 11月 24日

窓猫

今日は歯医者に行きました。
予約した時間から、30分ほど待たされました。
始めから30分遅れていくと、すぐに診てもらえるのでしょうか?

などと考えながら、待合室にあった猫雑誌をめくっていると興味深い記事と写真を見つけました。
それは、明治時代に徳川慶喜が撮った猫の写真です。
おそらく、日本最古の猫写真ではないでしょうか。
その時代に、いい年をした元将軍様がのんびり猫の写真など撮っていたら、周囲の人たちにはどう思われていたのでしょうか?

最近、家族の人につられて毎週、新撰組のドラマを見ています。
その中で慶喜は薩長に攻められて、こそこそ江戸に逃げ帰ってしまい勝海舟に怒られていました。戦争をして多くの人を道連れにして武士の面目を保つよりも、平和を選択した人だったのだと、私は見直しました。

今日の写真と文章は全く関係がありません。

camera:Lomo Super Sampler

b0061066_22191815.jpg


by pxw00641 | 2004-11-24 22:25 | 猫写真